ひとさんと一緒に会いに行った私は、悲しくて、絶望して、素直に愛を求める気持ちを、すっかり諦めている子どもの私でした【ご感想】

セッションのご感想

ひとさんと一緒に会いに行った私は、悲しくて、絶望して、素直に愛を求める気持ちを、すっかり諦めている子どもの私でした【ご感想】


***


恋愛アーティスト/カウンセラーの愛野ひとです。

過去にいただいた個人セッションのご感想です。


***

1◆なぜ、愛野ひとのカウンセリングを受けようと思ってくださったのですか?

ブログを読んで素敵な方と思っていました。
セッションの募集を見て、実際にお話ししてみたかったから。

2◆愛野ひとに対して、どのような印象を持たれましたか?

綺麗な方。ゆっくりとした話し方が可愛い。透明感があって、色気がある。情熱的で一生懸命。優しい。たくさん傷ついたことがある方。愛に溢れて、愛されている方。寄り添ってくれる方。

たくさんの事を伝えようとしてくれる気持ちが伝わってきました。

愛野ひとさんの質問に対する、私の答えを聞いて、ちょっと上を見上げながら、う~ん、そうだよね~って、考える姿がとても可愛いかったです(^^)

3◆カウンセリングを受けてみて、何か変化した部分や、感じたことはありましたでしょうか?

私のぐちゃぐちゃとした、まとまらない事前質問から、問題の根っこを探してくださる。
どうしてそんなに分かるの?とびっくりしました。


質問をされる度に、どんどん深く、自分の問題の根っこに進んで行く感覚を感じていました。


愛野ひとさんと一緒に会いに行った私は、泣いても、怒っても、わめいても愛が手に入らなくて、悔しくて、怒って、がっかりして、悲しくて、絶望して、素直に愛を求める気持ちを、すっかり諦めている子どもの私でした


泣き叫ぶ子どもの私の声を無視して、引きずるように前へ進ませてきた、そんな生き方をして、本当に苦しい思いをさせてしまった…と。


だいぶ癒されて平気だと思っていたのに、本当は、まだ全然平気じゃなかった。

ごめんね、許してね、と伝えています。


心の深いところに触れられて、嬉しくて、喜んでいるのに、許したくない、受け取りたくないって、拗ねて、抵抗してる子どもの私がいます。


カウンセリングの後は、辛かった出来事を思い出したり、感情が揺れたりしていますが、今はそんな自分に寄り添ってあげたいと思っています

4◆どんな人に愛野ひとのカウンセリングを勧めたいと思いますか?

一緒に寄り添って欲しい人。
一緒に答えを見つけたい人。
愛に触れたい人。

5◆メッセージや、ご意見等、何かあれば、ご自由にお聞かせください。


話を聞いてくださって、一緒に寄り添って、一緒に考えてくださって、一生懸命伝えようとしてくださって嬉しかったです。
カウンセリングの最中も、その後のお手紙も。


書き留めたカウンセリングの内容も、お手紙も、何度も読み返しています。

カウンセリングの間、愛野ひとさんのお顔を見ながら話したかったのに、涙が溢れたり、話すことを一つも漏らしたくなくて、一生懸命ノートに書き留めたり、質問の答えを考えたり、とても一時間では足りなくて、もっとお話していたかったです。

子どもの私が、あまりにも拗ねて、一人ではどうしようもなくなったら、また愛野ひとさんとお話したいです。
その時はよろしくお願いします(^^)


(40代 女性 Sさま)

***


Sさまは、優しくて穏やかな雰囲気がとても素敵な方でした。

お話していると、こちらも安心してしまうような空気感。



でも、その裏で、自分にすごく厳しくしてきてしまったことに、気付かれて、涙されて。



だけど、
あなたが、あなたに厳しくしたのも、
本当は、あなたが愛されるべき存在だと知っていたから。
本当は、あなたが認められるべき存在だと知っていたから。

大好きなあの人を、喜ばせたかったから。
大好きなあの人を、笑顔にしたかったから。
大好きなあの人に、認めてほしかったから。
大好きなあの人に、愛してほしかったから。



全部、愛、だった。



そのことに、気付いて、
自分を愛していくことに、
遅いも早いもないと思っています。

すべて、あなたのタイミングで、起きていることだから。


今、あなたの中の小さなあなたが
泣いていても、
悲しんでいても、
もう愛なんて受け取ってたまるか、と、拗ねていても。



大丈夫。
だってね、自分とは、死ぬまで毎日一緒だから。


毎日、愛を伝えるチャンスがあります。
毎日、大切だよと伝えるチャンスがあります。
毎日、喜ばせてあげられるチャンスがあります。
毎日、抱きしめてあげるチャンスがあります。


もう、諦めないでね。
愛することも、愛されることも。


あなたが、あなたを諦めないで、
幸せだと感じられるようになれたら、
あなたがこれまで生きてきた道のりの全てを、愛してあげられるから。



愛し愛される自分を取り戻したいと思うあなたを、
全力でサポートしています。

ぜひ、会いにきてくださいね。


愛野ひと

愛野ひとのセッション
もっと自由に思いっきり愛されて、思いっきり愛せるあなたになるために。
蓋をして我慢している感情を取り戻して「自分自身を受け入れる」心地よさと安心感を、体感してみませんか。
\🌹残5🌹/
2021年9月のセッション日程・お申込はこちらから

🌹愛野ひと公式LINE🌹
◆セッション、イベントの優先案内
◆メッセージに直接お返事させていただいています。

ブログのご感想や、メッセージ、お問い合わせなど、お待ちしています♥

あなたが送ってくださるご感想が、私の勇気と希望になってます。
ぜひ、感じたことを自由に聞かせてください。

(いただいたメッセージはブログで紹介させていただくことがございますので、もし掲載NGな場合はその旨お知らせください)

友だち追加

私の日々の想いを、SNSで発信しています(ブログ更新情報も)

🌹Twitter🌹@hito_aino
恋するあなたに伝えたいメッセージと、
私の感情を、リアルタイムでつぶやいています。

コメント

  1. ケロンパ より:

    ひとさん初めまして
    寂しがりやの恋からたまたま入り込み引き込まれてしまいました。
    わたしも文字を綴るのが好きで、離婚する前は恋愛小説なんて書いていたのですが離婚を機に書けなくなりました。
    だから、あなたの自分の気持ちを高らかに、素直に、のびのびと表現している言葉の数々がなんと眩しく感じた事でしょう。
    刺激をありがとうございます。
    大学生の母なので、ひとさんよりだいぶ年上で今更、恋愛?なんて年齢ですが。

    10代の頃からひたむきに愛した人と10年付き合って結婚して結婚して15年で離婚しました。
    独身の頃からよく南の島へ貧乏旅行しに行き、とても仲の良い夫婦でした。
    結婚は現実で、夫になったカレは楽しいことには天才的に楽しくできる人だったけど、結婚や父親という現実には不向きな人でした。
    でも全身全霊で愛した、燃え尽きて灰になるほど。一欠片の後悔もないです。

    離婚して8年、元夫に顔がそっくりな一人息子も成人し、一息つく頃に縁があって出会った人はまさに、ひとさんの寂しがりやの恋の彼のような人でした。
    仕事人間(経営者)
    なによりも仕事優先
    私、元夫がプライベートのために生きてるような人だったから
    キャンプ、シーカヤック、サイクリング、登山etc
    その真逆さに驚き、元夫以外ほとんど恋愛経験がないから、こんな人世の中にいるんだと驚いたのです

    でも、夢を持って寝ないで働いていて
    ワクワクする
    と、目を輝かせる姿と
    学費すら全て自分で賄わなくてはいけないような家庭環境で0から成り上がったその力強さに惹かれてしまいました。
    でも、恋愛リスクも沢山

    え?会うのってこんなに難しいの?
    一月に一回会えるかどうかってどういうこと?(元夫とは恋人時代は金曜夜から日曜夜まで必ず一緒に過ごしてキャンプやらなんやらひたすら遊んでいた私)
    そして、親にも愛されたことがなく、元結婚生活もうまくいかなかった彼が恋愛に慎重なこと慎重なこと

    恋人未満で一年かな

    だから、ひとさんの
    寂しがりやの恋に引き寄せられちゃったし、何より最後はひとさんの綴る文字に魅入られてしまいました。

    良い刺激をありがとう。

    寂しがりやの恋は終止符を打ったのですね。何度も読み返し噛み締めますね。

    わたしもまた書きたいな。

    • 愛野ひと 愛野ひと より:

      ケロンパさん初めまして

      コメントありがとうございます。

      「全身全霊で愛した、燃え尽きて灰になるほど。一欠片の後悔もない」

      この言葉だけで、
      ケロンパさんが、どれだけ、愛に生きてきた人か、
      どれだけ、元旦那様との日々が宝物だったか、
      伝わってきます。

      命懸けで誰かを愛した記憶は、
      私たちを、さらに愛に生きさせようとして、
      あんな風にまた誰かを愛したいと、
      心がうずくのかもしれません。

      そんな中で、出会った彼は、
      ケロンパさんに、
      少しの間、お休みしていた、
      ときめきと情熱を
      呼び覚ましてくれる人だったのかもしれませんね。

      愛するのが難しい相手に、
      出会い、惹かれてしまうのも、
      愛が大きい女の宿命なのだと思います。

      ケロンパさん、
      きっと、繊細で、大胆で、軽やかで、
      情感あふれる、文章を書くんだろうな。

      いつか、また、書いたら、
      ぜひ、私にも読ませてください。

      命懸けの、愛の物語を。

タイトルとURLをコピーしました