一緒に住んでいるのに口を利かなかった父に、命懸けで伝えていた「愛してる」 【セッションレポ】

🌹セッションレポ

一緒に住んでいるのに口を利かなかった父に、命懸けで伝えていた「愛してる」
【セッションレポ】



***


恋愛カウンセラーの愛野ひとです。


今日は、あるカウンセリングセッションの様子を、書いてみたいと思います。


セッションの雰囲気に触れて、想像いただけるように、お話した内容と、私の視点を追加して、文章にしています。
(ご本人に掲載許可をいただいています)

***

40代前半の女性。


いつも『こんな私が好きになってごめんなさい』と思ってしまって、
恋愛を壊してしまう、という方のセッションをしました。


なぜか、いつも恋が上手くいかない、というとき、
『お母さん』との関係だけでなく、

『お父さん』との関係が鍵になっている場合もあります。


お父さんを、たくさん愛してきたあなたへ。
お父さんを、嫌いになるまで愛してきたあなたへ。


お父さんが、大好きだったあなたへ。


あなたの心にも、届きますように。


***



「私、自己肯定感がものすごく低くて、
『私でごめんね』って思うんです。


恋愛でも、いつも、
『こんな私が好きになってごめんなさい』って思うんです。


数年前に離婚をして、
心のことを学ぶようになって。

離婚して3年経って、
今やっと最高と思える人と出会えたのに、
私、ものすごく怖くて、逃げてるんです。

この3年の間も、ふたりくらい、
そういう関係になった人はいたけれど、
なんとも思わなかったんです、それなのに…。


それで、自分と向き合う中で、
離婚する前に付き合っていた元カレへの執着というか、
感情がまだものすごく残っていることに気付いて。

その彼は、いわゆる野良猫、というか、
なかなか距離感が難しい人だったんですが、

今の彼も、その昔の彼の亡霊みたいな人で、
ものすごく似てるんです。

それで、全然、昔の彼が成仏してないって思って。


今思えば、前の旦那も、
その昔の彼と別れて燃え尽きてたときに
出会ったので、今考えたら、
上手くいかなくて当然だったんですけどね…。


私、心がほっとした瞬間がなくて、
いつも何かすり減らしている感覚があって、
今の恋もすごく怖くて。
今も、ぶち壊しにかかってます。

でも、自分で、いつも悲しい選択、不幸になる選択をしてる気がします。


だけど、離婚から3年経って、自分と向き合ってきたのに、
それでも怖いなんて、何をやってきたんだろう、
なんでだろうと思うし、
もう、幸せになりたいんです。


私は、結婚を悪いものだと思ってなくて、
前の結婚で、幸せも感じる瞬間もあったから、
もう一度したいんです。


***


彼女は、そんな想いを、まっすぐに、お話してくれました。


愛だなあ、と、思うんです。


「こんな私でごめんなさい」と思うまで誰かを愛することも、
そんなにも、昔の彼が忘れられないことも、
自分をすり減らしてまで誰かに愛を注ぎ続けてきたことも、
「心がほっとした瞬間がない」ほど、
いつも自分の存在を自分以外の誰かに傾けてきたことも。


それを「愛」と呼ばずに、何と呼ぶのか、私は知らない。


そんな女性に出会うとき、
そんな女性が心を開いて打ち明けてくれるとき、
私は、出会ってくれてありがとう、
私のところにたどり着いてくれて、ありがとう、と思います。


もう、大丈夫ですよ、と、両手を広げて、抱きしめたくなるんです。



でも、
「Sさん、愛が大きい女性ですね」と言うと、

「私、全然そんなことないと思ってて…」と、Sさん。




「野良猫みたいな人を好きになる時点で、愛したい人ですよね。
たくさん、たくさん、愛したい人」


「そう、私、重いんですよ」


「重いのは、才能ですよ」


えっ、という顔をして、固まるSさん。


「私たちは、勘違いしちゃうんですよね。

恋が上手くいかなかったとき。
野良猫に逃げられたとき。
シャッターを下ろされたとき。


ああ、私の愛が、重すぎたんだな。


で、彼が困らないように、
彼が受け取れるように、
彼のサイズに合わせて控えておこうって思うでしょ?

でも、それは、相手を間違えてるだけ。
彼の器が小さすぎただけ。

おちょこサイズの彼に、例えば、2リットルの愛を持ってるSさんが、
愛を注ごうとしても、全然満足できないでしょ?

もっと受け取ってよ、って、なっちゃうでしょ?

でも、そんなのおちょこは溺れちゃうでしょ?


だからね、注ぐ相手を、間違えてるだけ。

小さい器の相手に、合わせようとしなくていいんですよ。


せっかく、そんなに大きな愛を持って生まれたのだから、
その愛を小さくなんて見せないで、輝かせて生きていきましょうよ。」


私のその言葉に、Sさんは、目を見開いて、明るい顔をしてくれた。


いいんですね、と、言うように。



Sさんの、その重さも、感情も、怖さも、葛藤も、
すべてが愛の才能。

「その愛の才能を、もっと活かして、
もっと発揮して幸せになっていけるように、
その愛を軌道修正するサポートを、私にさせてください」

少し明るくなったSさんの表情が、私もとても嬉しかった。


***


「こんな私が好きになってごめんなさい」

「こんな私でごめんなさい」


Sさんの、心の奥底から出てくる叫び。


そんなにも自分を否定してしまう気持ちは、
どこから来ているんだろう。

それを、一緒に見つけに行くことにした。


きっと、ひとりでは怖くて、
行けない場所に、あるような気がしたから。


「そう思ってしまったきっかけは、何か心当たりはありますか?」


「もう、ずっとなんですけど…自覚があるのは、幼稚園の頃です。
両親が共働きで、祖母に育てられたんです。

でも、祖母も、すごく寂しい人だったから、
束縛されたり、コントロールされてきました。

その息子である父も、すごく、激しい人で…」


昔の記憶を、話してくれる。


心のことを学んで、
自分と向き合うようになってから、
きっとたくさん、整理して、感情も出してきたのだと思った。

淡々と、私を気遣うように、重くなりすぎないように、
時折、少し遠慮がちな笑顔を交えて、話してくれた。


それでも、言葉と言葉の隙間から、
まだ、胸につかえているものがあることが、語られていた。


「そうやって、たくさん我慢してきた、昔のSさんのこと、今のSさんは、どう思いますか?」


「寂しかったと思います。

その頃から、ずっと人の顔色を窺っていました。


ずっと、寂しかったんです…。
ずっと、辛かったんです…。

でも、大人の中で上手くやっていかなきゃって、必死で。
笑ってほしいって…。
頑張っていたと思います。」


Sさんは、時折言葉を詰まらせて、
目には、涙が浮かんでいて、
でも、それを止めようとしているように見えた。



「Sさん。


寂しいって、言っていいですよ。
泣いていいですよ。
我慢しなくていいですよ。」


お話していて、
ひとつ、気になっていることがあったのだけど、
それは、Sさんの言葉で、わかった。


「Sさんは、ご自身では気づかれているかわからないんですけど、
さっきの、昔の話、すごくつらかった話をされるときもね、
笑って、話してくれてたんですよ。」


Sさんは何かを感じたように、ハンカチで顔を覆った。



「悲しくても、寂しくても、辛くても、
ずっとそうやって頑張ってきたんですよね。


『笑ってほしい』って、周りの人のために、
私は大丈夫だからって、ずっと、気遣ってきたんですよね。」



「そうですよね…。
ずっと、そうやってきたから、私、
なんでこんなときに笑うんだろうって思うときがあって…」


「それも、Sさんの愛ですよね。

でも、寂しいときは、寂しいでいいんです。
悲しいときは、悲しいでいいんです。
怒ってるときは、怒ってる、で、いいんですよ。」


Sさんは、ハンカチに顔をうずめて、何度も深く頷いていた。



しばらくして
「ありがとうございます」と、
今度は、安心した笑顔で、言ってくれた。


***


「おばあちゃんと、お父さんに対しては、今は、どんな感情を持っていますか?」



「祖母は、去年亡くなって。
亡くなる前に、たくさんの感情が出てきたんですよね。

自由にしてほしい。ほっといてほしい。もう支配されない。

昔は、かわいそうみたいに思う気持ちがあったけど、
今は、情とかもそんなになくて。


離婚した後は、特に、育ててくれたことに感謝はしているけど、
ほっといてほしい、という気持ちでした。」


「…父に対しては…あんまり、無関心というか…何も思わないんですけど…」


わかりやすく、言葉に詰まる。


「悲しい人だな、と思います。
憎いとかよりも、なんか。


これも、逆ファザコンなのかな…。


もう、お父さんというか、
違うもの、として、見てて、距離を置いてます。
いつも、悲しい選択をしてる人だなって。


私ね、もう、2年くらい父と口をきいてないんです。
一緒に住んでるのに。


そんな感じです。」





…………………ああ、お父さん、だなあ。




お父さん。




Sさんには、まだ言ってないけど、
私も、超特大級のファザコンだから。




娘にとって、お父さんて、なんで、こんなに、



大嫌いで、
うっとうしくて、
顔も見たくなくて、
あんたのせいよって思って、
いなくなればいいって思って、
もうほっといてほしいって思って、
どうでもいいって思って、
いてもいなくても一緒って思って、



それなのに。



それなのに。




こんなにも、
大好き、なんだろう。






どうして、
こんなにも、
諦めさせてもらえないんだろうね。




ねえ、お父さん。





***





「そうですね………。どっちから、行こうかな。
でも…………お父さんですね。」

私の言葉に、一瞬はっとして、でも、やっぱり、みたいな顔をして、
画面の向こうで、遠ざかって、小さくなるSさん。

全力で抵抗しているのが、わかりやすく伝わった。


眉をひそませながら、困った顔をしながら。

「あーーーー嫌だ―ーーーーーーーーー」



「おばあちゃんのことはね、いいことだと思うんです。

離婚後に、Sさんが、
本気で自分の人生を生きようって思ったとき、
もう、ほっといてって、思えたんですよね。

手放しの経過をたどってると思うんです。」


頷く、Sさん。


「そしたらね、いよいよ、お父さんのことを…。」

「父のことは、考えるのも嫌で、
何も考えたくなくて、何も感じないようにしてきました。

とにかく今も抵抗しています。」



かたくなな中には、
いつだって、守りたかったものがあると、
私は思ってる。

だから、私も、その頑なさを、大切に、宝物を扱うように。


「Sさん、もしかしたらね、お父さんに対して、無関心なのではなくて、無関心で、いたかったんだと思うんですよ」

「考えるのも嫌で、何も感じないようにしてないと、やってこれなかったSさんがいたのかもしれません」


Sさんは、時が止まったように、はっとした顔をした。


「…………なんだろう。」


「でも、そこに、何かが、ありますよね。」


私は、聞きたいことが、2つあった。



「その、Sさんの、忘れられない昔の彼ね、

お父さんに、似ていますか?」



Sさんは驚いた顔をして、首をかしげて、頭を抱えて、唸っていた。


「えっ………………と、うーん……………」


……………。


ぁ…!!


ああーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」



何かが、ひとつ、引っかかったとき、
Sさんの表情が、見る見るうちに変わっていった。

湧き上がってくる記憶に、
たしかなことを、感じたようで、
これまでの時間の中でいちばん強さのある口調で、話始めてくれた。


「…理不尽な想いをしていて、愛されてこなかった人でした。
愛の、受け取り方をわからないところが、似てるかもしれません。」

Sさんの中で、何かが崩れたようで、何度も頷いている。


「だから、Sさん、そういう人を、ほっとけないんですね。」

「いや……だって、全然、違うんですよ……。
そんなこと、考えたこともなかった。
別のものだと思ってました。

でも、今、言われて、すごく、思いました。」


「Sさんには、お父さんに似てるものを、
その彼が持っていること、わかるにきまってますよね。

感じ取れるに決まってますよね。


だって、それだけ、ずっと、お父さんのこと見てきたはずだから。」



その瞬間、Sさんは、ハンカチで顔を覆った。

画面越しでも、伝わってくる、心の声。

洪水みたいに、流れてくる、感情。




「それだけ、ずっとずっと、追いかけて、愛してきたはずだから。

一番大好きな人と似ていたら、
どんなに、違うように見えたって、
Sさんには、わかるにきまってるじゃないですか。

そういう人を、愛したくなっちゃうんですよね。」



Sさんの中から、溢れてくる、愛。

少し、蓋を開けたら、止まらない。
流す度、本当の心が現れてくる。

私の役目は、そこに愛があると、伝えつづけるだけ。
あなたのそれは、紛れもなく、愛なんだと、伝えるだけ。



「Sさんは、悪くないですよ。

受け取ってもらえなかったのは、
上手くいかなかったのは、Sさんは、悪くない。

ただ、相手が、下手だっただけ。
受け取り方を、知らなかっただけ。

そして、愛がたくさんあるからこそ、そういう人に、あげたくなってしまう。
それが、あなたの、才能です。」

一つ一つを確かめるように、Sさんは、受け取っていく。



私はどうしても、
もう一つ、ここにあるんじゃないかな、と思うことがあって、
しばらく待って、すこしほっと軽くなった表情のSさんに、聞いた。


「………あの、もう一発、バズーカを打ち込んでもいいですか?」

質問がおかしいですね、と、ふたりで笑う。

「では、言い方を変えます。もう1本、矢を放ってもいいですか?」

「変わらないんですけど」と、切れ味鋭いツッコミをもらった。



「さっき、お父さんのこと、悲しい人だなって、思うっていいましたよね。
悲しい選択を、してる人だなって。

それ、私、今日、すでに聞いたんですよ。

Sさん、最初に『いつも、自分から悲しい選択をしてしまいます』って、言ってたんですよね。」


Sさんは、頷いて、目を閉じて、
次に来る言葉が、もうわかってるかのように、眉をひそめる。


「Sさん、そういう、お父さんの、生き方を、真似してでも…


お父さんのことを、わかりたかったんじゃ、ないですか?」


私が最後まで言い切らないうちに、
画面の中のSさんの顔は赤いハンカチで隠れて、
ただ、感情だけが聞こえてくる。

Sさんが、無関心で、蓋をして、
見て見ぬふりをするしかなかった感情。
無いことにするしかなかった感情。

そこには、今のSさんを、
ひたすら泣かせるほどの感情が詰まっていたのだと思う。





しばらく、言葉のない時間が続いたあと、Sさんは言った。



「『わかりたかった』か…………。

………本当にそうだと思います。」



Sさんから、次から次へと、出てくる、愛の記憶。

お父さんを、愛したかった、記憶。


「小さい頃、お父さんが、怒ってたりすると、すごく思ってたんです。

『なんで?』って。

なんで、怒ってるの?
なんで?お父さん、私が悪いの?って。
お父さん、ごめんなさい、って……。

だから、今、わかりたかったっていう言葉で、
その、なんで?って強く思っていたこと、思い出しました。


…ああ、そういえば、お父さんのために、
神社にお参りにいったこともありました。

あったな…、思い出した…。」


昔のことを思い出すSさんの表情は、
さっきまで、お父さんのことを話していたときよりも、少し、嬉しそうに見えた。


「それだけ、一番、笑顔にしたかった人なんですよね。

でもね、きっと、事実はどうであれ、今のSさんの中では、
『大好きな人を笑顔にできなかった』

それで歴史が終わっちゃってるんですよ。

だから、その、
助けられなかったことを感じるのは嫌すぎて、
もう何も感じないようにするしか、
生きていく術がなかったんだと思います。


ずっと、人生かけて、一番助けたかった人を、
助けられなかった。

それは、Sさんにとっては、存在ごと否定されるくらいの、悲しみなはずです。

Sさんのその『こんな私でごめんなさい』という悲痛な叫びは、
そこから来てると思いますよ。」


Sさんは、泣きながら、思い出したように、はっとして、


「父とね、口を利かなくなったとき、私、言ったんです。

『あなたが幸せになろうとしないのなら、私はもう、口を利きません』て。



………………ああ、そっか。

やっぱり、愛だった。

口を利かなくなるほどの、強い否定に、込められていたのは。

こんなにもまっすぐで、大きな愛の人が、
そんなにも、否定する理由。


「それって、Sさんにできる、最大の愛情表現ですよね?」

少し、混乱したような、不思議な顔でこちらを見つめるSさん。


「だって、口を利かないっていう、
Sさんの存在すべてかけてでも、
お父さんに、幸せを選んでほしいってことでしょう?

『幸せになれ』って、体を張って、命懸けで、言い続けてるってことでしょう?」



それを聞いたSさんからは、
その日一番の、涙の大きな波が届いてきた。



「口を利いてないとしても、どんなに無関心でいるとしても、それは、私には『愛してる』としか、聞こえないです。」





最高の、愛し方じゃないですか。



『口を利かない』



人生かけて笑顔にしたかった人のためにできる、
最終手段だと思ったんでしょう?



お父さんに、幸せになれって、今も、伝え続けているんでしょう?



ねえ、Sさん、どれだけ、大きな愛の人なんですか。





***



「もやもやするけど、でも、すっきりしています」と、笑ってくれたSさん。


「すごく嫌ですけど、父のこと、そうだって認めるのは、全然嫌ですけどね。

今も、そんなわけねえだろーーーっていう自分がいます。」


「いいですよ。もやもやして当然。認められなくて当然。

いいんです。
それでいいんですよ。

愛の女はね、感情の振れ幅が大きいんです。
だから、今、すっきりしてても、これでひとりになったら、また絶対暴れるし。」

笑いながら、そうそう、と、大きく頷くSさん。

「私の前では、どれだけ暴れてくれても大丈夫です。
全部、受け止めます。」

「ちょっと、幸せになれそうな気がしてきました」

「Sさんなら、大丈夫です。
だって、そんなに根性ある愛し方をしてる人ですから。
武士みたいですよね。
お主が幸せにならんのなら、拙者は、もう口を利かぬ!!!!!みたいな。」

「ほんとですね」






***




Sさん、あなたなら、大丈夫。

これを読んでくれているあなたも、きっと大丈夫。

これから、もっと癒していける。
これから、いくらだって、幸せになれる。


どんなに辛くても、
どんなに寂しくても、
どんなことがあっても。

幸せを、諦めないため。
愛することも、愛されることも、諦めないため。


あなたは、そのために、
そんなにも大きな愛を持って、
生まれてきたのだから。

***

Sさんとの2回目のセッションの様子は、こちらから読んでいただけます。

***



私のセッションでは、

あなたの人生に溢れる愛を、とことん伝えます。
あなただけの愛の形を、見つけにいきます。
あなたの手を取って、持ち前のしつこさで、どこまでも付き合います。

一緒に、あなたの愛を、迎えにいきませんか?


ぜひ、私に会いに来てください。

あなたのことを、お待ちしています。

愛野ひとの恋愛カウンセリング
もっと自由に思いっきり愛されて、思いっきり愛せるあなたになるために。
蓋をして我慢している感情を取り戻して「自分自身を受け入れる」心地よさと安心感を、体感してみませんか。
\🌹残2🌹/
*2021年10月の日程・お申込はこちら
*カウンセリングの詳細を知りたい方はこちら
🌹私の恋愛半生とカウンセリングへの想いはこちら

🌹カウンセリングセッションの様子がわかるレポはこちら

🌹いただいたご感想はこちら

🌹愛野ひと公式LINE🌹
◆カウンセリング、イベントの優先案内
◆メッセージに直接お返事させていただいています。

ブログのご感想や、メッセージ、お問い合わせなど、お待ちしています♥

あなたが送ってくださるご感想が、私の勇気と希望になってます。
ぜひ、感じたことを自由に聞かせてください。

(いただいたメッセージはブログで紹介させていただくことがございますので、もし掲載NGな場合はその旨お知らせください)

友だち追加

私の日々の想いを、SNSで発信しています(ブログ更新情報も)

🌹Twitter🌹@hito_aino
恋するあなたに伝えたいメッセージと、
私の感情を、リアルタイムでつぶやいています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました