好きな人

寂しがりやの恋

寂しがりやの私は、寂しがりやのあなたの居場所になりたかった。

前回の続きです。 好きな人のところへ向かいながら。油断すると、私の頭は、何をどうやって伝えよう、どういえば上手く伝わるかな、と、考え始めてしまう。ずっと、そうやってきたから。ずっと、そうやって考えて、言うことと言わないことを区別して、...
寂しがりやの恋

「好き。」

今日だ、と思った。少し前から、今度こそ、最後に、彼に会いに行こう、と思っていた。………………あれ?この記事で、 1年間の片思い、終わりにするって言ってたやん。もう会いに行かないと決めたとか、言うてましたやん。うん。でもね、会いに...
寂しがりやの恋

悲しくなるってわかってて、会いにいくような愛し方は、もう、できないから。

最後の、願いをかけた歯車が、噛み合うことなく、すれ違っていった。あんなに、この人だ、と、思っていたことなんて、 なんだか、夢だったみたいに。私たちのタイミングは、 たぶん、最初から、あってなかったものかもしれない。あなたに歩み寄ってもらっ...
寂しがりやの恋

私、本当は、そういう女なの。

私、めんどくさい女に戻ります。私、あなたに嫌われるかもしれない、 重くてめんどくさい女に、戻ります。信じて笑顔で待てる女、 なんでも許せる器の大きな大人の女、は、 もう、いなくなりました。というか、最初から、 私の中のどこにも、いなかった...
エッセイ

この鉛があるから、こんなにもあなたを愛せるなら

私の心には、”寂しさ”という鉛が埋まっている。いつもはそんなことは忘れている。 まるで、そんなものは存在しないかのように、 穏やかな顔をして、 誰かを受け入れようとする。だけど。 好きな人から連絡がこないとき。 好きな人と会えなくなったと...
寂しがりやの恋

あなたを大好きになるほど、一番なりたくなかった、めんどくさい女になってくよ

好きな人に、怒ってしまった。前から約束してたことが、急に、叶わなくなったから。それ自体は、大したことじゃなかった。別に、会うことができなくなったわけじゃない。でも、 ”私は大事にされない”っていう、 私の心にあった傷が、 それを、大したこ...
寂しがりやの恋

愛されることを、私はもう、待たない

好きな人に、会いに行った。今日は。私の話を、したかった。今日は、たくさん話を聞いてほしい、と、前もって、伝えるほど、私の話を、したかった。今日だけは。 彼の話を聞くよりも、 彼の話にどんなあいづちをするか考えるよりも。 彼が何を話したくて...
寂しがりやの恋

私は、あなたを本気で愛してしまうことが、怖かった

「行きたいな」と、彼は言った。海外の写真を見ながら、 こんな場所に行きたい、と。最初に、 彼がそんな話をしたのは、 何回目に会った時だったかな。話の中で、 なんの脈絡もなく、 ふいに、海外に行きたい、とぽつり。海外の海でも見ながら、一日中...
寂しがりやの恋

私が追いかけるのをやめたら、この恋は終わると思ってた

私が追いかけていなければ、 この恋は終わってしまう。私が諦めてしまったら、 この恋は終わってしまう。恋をすると、いつも、そんな気がしてた。追いかけて追いかけて、 でも、振り向いてもらえなくて。振り向かずに歩いていく相手との距離を 縮めるに...
寂しがりやの恋

愛をやり直す必要なんて、どこにもなかった

“私はお母さんに愛されていたし、私もお母さんを愛せていた”前回の記事を綴って。 私はお母さんの愛を、 もう一度、 心から受け取ることができた気がした。私の心の中に、 お母さんがくれた強い愛が、 根付いていたから。だから、私は、 こんなにが...
タイトルとURLをコピーしました