愛されたいと悩むのは、愛が深い人の宿命

私の愛

自分を大切にしたい、と
思い立ってから、
早、3週間。


愛されることを、
もう自分に許してあげたい、と
思い立ってから、
早、3週間。


この3週間、私、
自分の恋に、振り回されておりました。

ええ、
文字通り、四苦八苦しておりました。

そうです。
自分の恋愛が慌ただしくなると、
ブログの更新が滞る恋愛カウンセラーとは、
私のことです。


自分を大切にするために、
好きという気持ちに突っ走り、
愛されることを許すために、
愛されないという気持ちと奮闘しておりました。
(少々のこじつけ感はお見逃しください)

そして、私は、
今も、悩んでいる。

猛烈に、悩んでいる。


大好きな人の、
すべてを愛せないことに。

すべてを受け入れられないことに。

ありのままの姿を、
受け止められないことに。


そして、
愛されたいと望んで、
それが叶わなかったときが怖くて怖くて、
心がすくんで、
華麗なる立ち止まりを見せている。




先日、私は、ふと思い立って、
ずっと続けていた、
マッチングアプリをやめた。


「この恋が、上手くいかなかったときのために」

そう思って、
張っていた命綱。

綱渡りみたいな、彼との恋から落ちたとき、
ボロボロにならないように、
繋いでいた命綱。

どのみち、
彼以外の人に興味なんて持てなくて、
アプリで出会う男性に、
会うことはおろかメッセージすらままならなくて、
命綱としては、機能していなかったも同然だから、

「この恋は、きっと上手くいかない」

その思い自体が、命綱だったのかもしれないけれど。


その命綱があれば、
ダメだったとき、
‟やっぱり”上手くいかなかった、って、
傷を最小限に抑えられるような気がした。


だけど、その命綱は、
彼だけに心を向けることからも、私を守った。
彼だけを大好きになることからも、
私を遠ざけた。

ふと、
邪魔かもしれない、と思った。

もう、
彼だけを大好きになりたかった。
彼だけに愛されたいと願いたかった。

私が本当に欲しいものは、
命綱がついていたら、行けない場所にしか、
ないような気がした。


だから、やめてみた。


そしたら、
彼をもっと、好きになった。

同時に、
彼が私だけを見てくれないことに、
余計に寂しさが募った。

彼の愛が思い通りにならないことに、
悲しみを通り越して、
怒りを感じてしまう私がいた。

私が命綱を切ったこと。

それは決して、
彼への要求なんかじゃなくて、
自分自身への決意のつもりだった。

だけど、
気づけば、
彼に求めてしまっていた。


同じ愛で、私を見てほしい。

私の望むかたちで、愛してほしい、と。


少なくとも、今の彼には、
そんなことはできないと、
痛いほどわかっているのに。





思えば、私のこれまでの人生は、
そんなことの連続だったのかもしれない。


これをしたら、愛してあげるよ。

あなたがこうなれば、愛せるよ。

私を愛してくれたら、
私もあなたを愛するよ。

でも、これをしたら愛せないよ。

こういうあなたは、愛せないよ。

いつだって、心のどこかで、
そうやって、
求めてきたのかもしれない。

そして、誰かと関わる度に、

これをしないと、愛されないよ。

こんな私は、愛してもらえないかもしれない。

そんな不安に駆られながら恋をして、

これだけしたのに、
愛してもらえなかった。

やっぱり、私、愛してもらえなかった。

そんな結末に、何度泣いたかわからない。


そんなことを、
ずっと、繰り返して、
生きてきた。


だけど、
本当は、
そうじゃなくて。

私の願いは、
そうじゃなくて。


あなたが笑ってるだけで、
嬉しい。

夢を語るあなたの横顔に、
ついていきたい。

あなたの周りの人への愛情深さに、
心を奪われた。

あなたの傷ついているところこそ、
包んであげたい。

あなたが無理だと思うことこそ、
受け止めてあげたい。

あなたを丸ごと全部、
受け入れたい。


それなのに、
どうして、


大好きな人が、
私と同じようには、私を愛してはくれない


たったそれだけで、
愛することが、
こんなにも難しくなってしまうんだろう。

たったそれだけで、
愛に迷いが生まれてしまうんだろう。





こんなときは、
恋愛弥勒菩薩に参拝するに限る。


悩みふける私に、
ジュンコさんが言った。


愛ちゃんは、120%で彼を愛するけれど、
彼にも120%で愛してほしくなっちゃうんやんね?、と。

愛が深い人の宿命じゃないのかな、と。


自分の愛が深い分、
相手の愛と自分の愛を比べて、
全然愛されていない、と感じてしまう。
そもそも、自分と同じ深さの愛を求めても、
それに応えてもらうことは、少し難しい。

愛が深ければ、深いほど、
愛されていない、と感じることも多くなる。
もっと愛されたい、と願うことも多くなる。

だから、
愛されないと悩むのは、
愛されたいと願うのは、
愛が深いからなんだ、ということ。


それを聞いて、
恋をすると、
たったひとりだけが、大切になってしまう、
自分のことを思った。


たったひとりの人を、
120%で愛したいから、
みんなにそれをあげられない。


それは、他の男性に対してだけではなくて、
家族や友達や、周りの人に対しても、
同じだったように思う。

たったひとりだけを愛せるように、
自分の世界に入ってしまう。

だけど、
私が一途に全力で貫いてきた愛は、
これこそが愛だと、信じてきたものは、
見返りを求めない純粋なものではなかったみたい。

ああ、私、 相手にも、
同じように愛して欲しかったんだな、と思った。

求めてるつもりはなかった。

でも、
私、あなたになんにも求めてないよ、
という顔をして、
本当は、何よりも、
求めていたのかもしれない。

だって、私、
望む愛が手に入らないことに、
こんなに悲しんでる。
私はどうせ愛されないと、
こんなに怒ってる。

たったひとりだけを愛して、
だけど、
そのたったひとりから愛されなくて、
「私は愛されてない」と、拗ねていた。

まるで、
そのたったひとりに愛されなければ、
誰からも愛されていないかのように。

でも、本当はそんなことなくて。
たくさんの人が、
私を愛してくれていたのに。

私はそれを、
見て見ぬふりをした。

他の愛はいらないって拒否していれば、
どれだけそれが欲しいかが伝われば、
そのたったひとりからの愛が、
もらえるような気がしてた。
そんな、意固地な、愛。

だけど、それ、しかいらない、と思うほど、
それ、は、いつも私から離れていった。

それ、以外のものを大切にしないことは、
きっと、私に向けられる愛を、
受け取らないこと、だったから。

まだ、
なんとなくしかわからないけれど、
少しだけ、
わかったような気がした。


「愛されない」と怒る私に、
ジュンコさんは言った。

怒りも、私の愛だ、と。

愛ちゃんの無邪気さ、という愛が、
小さい子供が拗ねるみたいにしてるだけ。

私が、それを、怒りとして、
悪いものとしてるだけ、と。


苦しいのも辛いのも重いのも、
全部、私の愛なら。

私の愛が、形を変えて、
自分を表現してるだけなのかもしれない。

それなら、私は、
そのすべてを、受け止めて、

その表現を、
輝かせて、
踊るような愛に、生きられたら、いい。

まだ、ぼんやりと、だけれど、
そんな風に思った。

心の中で怒っていた私が、
少しだけ微笑んだような気がした。




あなたを思うとき、
私の心が、
ここだよ、と、合図する。

あなたの隣にいるとき、
私の体が、
ここだよ、と、合図する。

そんな気がして、この数ヶ月、
声がする方に進んでみた。

その先に、何があるかはわからない。
私が求めているようなものは、
ないかもしれない。
きっと何かがあると、
思い込みたいだけかもしれない。

だけど、
もう少し、
その声を信じてみてもいいかな。

今は、
会いたくて、
会いたくて、
仕方ないから。

あなたと一緒にいたいから。


だけど、怖い。
死ぬほど怖い。


もし、
進んだ先に、私の望むものは、
何もなかったら?

傷つく未来しか、待っていなかったら?

ここで諦めたら、
私、立ち直れないほど傷つかなくても、済むかな。


だけど、
もしも、私の愛が、
こんなに深くなかったら、
とっくの昔に、もう、諦めてたと思う。


もしも、私の愛が、
結果だけを追い求める愛なら、
きっと私、あなたを見つけなかったと思う。


もしも、私の愛が、
愛することより愛されることを
望む愛なら、
きっと私、あなたを選ばなかったと思う。


だから、まだ、私、
終わりにしたくない。


だけど、愛の未来は、まだ見えない。

答えは出ないまま、
今もまだ、迷いの中にいる。


愛に悩むことが、
愛が深い人の宿命ならば、

誰かを深く愛せる代わりに、
私は一生、悩み続けるのかもしれない。

私は一生、迷い続けるのかもしれない。


だけど、
悩みながら、
迷いながら、
生きていくしかない。

もしも、
あなたを愛することを、
投げ出したとしても、

きっと私は、
誰かを愛して生きていくことを、
投げ出すことはできないから。


だから今は、心のままに。

あなたを思うと上がる、
心の温度を、信じるよ。

たくさん泣いて、
少し休んだら、
また、笑って会いに行きたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました