愛野ひとの代表作

私の愛

過去の作品で、中でも、特別な想いのこもったもの、反響が多かったもの、ぜひ読んでいただきたい作品をまとめています。

『私が追いかけるのをやめたら、この恋は終わると思ってた』

私が頑張っていないと、
このふたりは、
終わってしまうと、思ってた。

だけど、
このふたりを守るために頑張るのは、
いつも私だけ。
このふたりを続けていくために
変わろうとするのは、
いつも私だけ。

愛するのは、いつも私だけ。


~~~~~~~~~

好き。

心の奥で、そっと音を立てている、
言葉にならない気持ちを、
精一杯、言葉にしています。

好きな人のことを書いた作品は、
たくさんあります。

『好きな人』

その中でも、私の作品の中で、いちばん読まれて、愛していただいている作品。

『どうしようもなく愛してた、愛した男の忘れ方』


どこが好きなのって聞かれても、
いいところなんて浮かばなかったけれど、
好きで好きで仕方なかった人がいます。

絶対に幸せになんてなれないと
わかっていたけれど、
心の底から、愛してしまった人がいます。


~~~~~~~~~


全4話で、完結します。
『愛した男の忘れ方』

第1話は、下のリンクから。
『あなた以外の誰にも、愛させないように』

私、もしかして、

お母さんにしか、
愛させないようにしてきたのかもしれない、
と、思った。

お母さんの愛じゃなければ、
いらない。
たったひとりの愛じゃなければ、
いらない。
一番欲しかったものじゃなければ、
いらない。

そんなの、愛じゃない。


~~~~~~~~~


大好きな、お母さんの話。

何度書いても、書ききれないほど、
お母さんが大好き。

もう、会えないけれど、
私は、これからも、
お母さんの話を、書き続けるのだと思います。

『お母さん』

その中でも、私にとって特別な作品。



あなたの心を揺らせる言葉が、見つかりますように。
どうか、あなたが、あなたの心に、素直でいられますように。


愛野ひと

コメント

タイトルとURLをコピーしました